武富士のカードローンのキャッシング事業を引き継いでいるJトラストの日本保証とは

武富士は、以前はテレビCMでもユニークなダンサーを起用して話題性もあった消費者金融でしたが、過払い金請求の増加等の事情により資金繰りが悪化して、2010年に会社更生法の適用を申請しました。 その後は、韓国の消費者金融A&Pファイナンシャルがスポンサーに名乗り出て、会社の商号をTFK株式会社として存続していましたが、そこも資金繰りが悪化したため、2012年にはJトラストグループの株式会社日本保証が金融事業を承継して、武富士のカードローンやキャッシング事業を引き継ぐ形となっています。 また、TFK株式会社自体は、会社更生手続きと債権者に対する弁済手続きを行うことに特化した会社となり、カードローン事業やキャッシング事業は現在行っていません。 一方、株式会社日本保証は、本社が大阪府中央区の北浜にあり、前身は商工ローンの日栄です。 日栄も同じく資金繰りが悪化した事情から会社更生法が申請され、同じくJトラストグループ傘下の会社となり、完全子会社化されて株式会社日本保証として存続しています。 株式会社日本保証のサービスは、日栄から継承した事業者向けファイナンス事業、保証事業、武富士から継承した個人向けのファイナンス事業の3本の柱となります。 特に個人向けのファイナンス事業には、「個人向けフリーローン」、「不動産担保ローン」、「おまとめローン」、「KCVIPLOANCARD」の4つあり、そのうち「個人向けフリーローン」では300万円、「おまとめローン」では500万円まで融資が可能です。 「フリーローン」は、カードレスローンであること、実質年率も4.6%〜20.0%を実現しており、24時間いつでも申し込みが可能となります。 また、郵貯やコンビニATMで使えるカードを発行するサービスが「KCVIPLOANCARD」で、生活費融資に限定したサービスです。 一方、「おまとめローン」は、実質年率が4.6%〜18.0%の範囲内で、複数社の債務をまとめて一本化したい人にとっても使いやすいサービスとなります。 「不動産担保ローン」も担保に提供できる物件の種類によって、10億まで融資が可能で、短期・中期・長期とローンを組むことが可能です。 このようなサービスを展開している日本保証ですが、その親会社であるJトラストは、貸金業・不動産業・印刷業・アミューズメント業・投資業等の多岐にわたり、韓国やシンガポールまで進出している企業となります。 また債権回収事業やシステム事業までもある企業としてマスコミ等でも話題に上ることが多いです。 このように、有名なカードローンキャッシングはたくさんあり、テレビコマーシャルなどでも頻繁に見かけることが多くなりました。 いまではここから一番近いプロミスで今すぐにお金借りたいといった要望にも手軽に応えられる状況なので、ますます便利になっています。 ただ、いろいろな業者がいますので、大手で安心できるキャッシング業者を選ぶと良いかもしれません。